住む人によって変わるマンション選び

現在人気のフローリングですが、マンションの場合騒音が気になるというのは欠点になります。

TOPICS
住む人によって変わるマンション選び

フローリングの注意点

住む人によって変わるマンション選び
従来の畳の部屋が中心だった日本の家に比べて最近の家はフローリングが中心となっています。
フローリングの家は木のぬくもりを感じやすく、掃除がしやすいという利点があります。
それで、手入れが簡単なので、フローリングを選ぶ人が多くなってきているようです。
マンションの床もそうです。
以前はマンションの床は、じゅうたんやビニールシートが中心でした。
しかし、今じゅうたんの家はほとんとなくフローリングの床が中心になってきています。
それとともに問題になってきているのは騒音の問題です。
じゅうたんに比べ、掃除がしやすく、また、ダニなどの問題も少ないフローリングですが、音を下の階に伝えやすいという問題点があります。
それで、特に小さな子供がいる家では、下の階の人に迷惑がかからない様にする為に、どのような素材のフローリング板を使っているのか確認したのちに購入する必要があります。
また、ペットがいる家もそうです。
小さな犬でも大きな犬でも爪を立てて歩く音は下に響きます。
特にペットは下の階の人に迷惑をかけないように歩こうということができませんので飼い主がある程度責任を持って対処する必要があります。
新築の場合、自分でフローリングを選ぶこと語ができるという利点がありますので、その時に騒音の問題を話し合って、音を吸収しやすい素材にしてもらうことができます。
またどこもかしこもフローリングにしてしまうということも注意する必要があります。
例えば洗面所やトイレ、また脱衣所などの水回りはどうしても水が飛び散ります。
それで他の場所に比べると傷みやすくなってしまいます。
現在では、水に強い材質ものもやフローリングに見せかけた木の材質でないものなどいろいろな素材が存在します。
またいっそのこと、水回りはフローリングでなくタイルのような素材にしてしまうというのも一つの方法かもしれません。
このように、フローリングにする際に、騒音や水回りのことに注意しいろいろとプロに相談しながら行うことをお勧めします。

関連リンク