住む人によって変わるマンション選び

ペット可と言うフレーズだけでペット大丈夫と考えては落とし穴です。マンションによって規定が違いますのでちゃんと確認することが大切です。

TOPICS
住む人によって変わるマンション選び

ペット可とある場合でも

住む人によって変わるマンション選び
ペットは飼っている人にとって家族の一員です。
一緒に居るだけで、元気づけられますし、慰めてもらえます。
しかし、どんなに家族と同等のペットでも、他の家族の人にとってはただの動物でしかありません。
それで、ペットが大きな声で鳴いたり走りまわったりする音は、とてもかわいらしいものではなく、ただの騒音となってしまいます。
これは、マンションのような集合住宅で良く起こる問題です。
少し前の集合住宅ではペットを飼ってはいけないマンションが多く存在していました。
しかし、それを無視して、動物を飼う人がいました。
それでもその人たちはいけないことをしているという自覚があるため、できるだけみんなに迷惑をかけないように気をつけながらこっそりと飼っていました。
しかし最近になって、ペットを飼ってはいけないマンションであっても堂々とペットを飼う家庭が多くなってきていてそれが問題になっています。
特に問題になるのは、新築でないマンションで、不動産会社が「ペット可」というフレーズをあげてマンションを貸し出している場合です。
もちろんその広告を見て、マンションを借りるわけですから、借りる側としてはペットを飼っても当然の権利だと思って、ペットを連れてきます。
しかし、じつはそのマンションにはペットの規定があるという場合が少なくありません。
その規定はマンションによって様々ですが例えば、今いるペットまでなら許可するけど、そのペットがいなくなったら新しいペットを連れてこないというもの。
また、マンション付近で散歩させないというもの等です。
それらの規定を知らされずにマンションを借りてしまうので、もともといた住民と野間に亀裂が生じます。
それで大切なことはペット可と書いている場合でももう一度不動産会社や、そのマンションの管理組合に直接確認することです。
管理組合とよく相談して話し合うなら、その誠意を分かってもらえ、不必要な亀裂を避けることができるかもしれません。
大切なことは、自分たちにとって大切な家族でも他の人にとってはそうでない可能性が高いということです。
それで周りの人のことを考えて対応することが大切です。

関連リンク