住む人によって変わるマンション選び

ペットを飼うか飼わないかはマンションに住むうえでとても重要な問題の一つです。

TOPICS
住む人によって変わるマンション選び

ペットの問題

住む人によって変わるマンション選び
私の実家はマンションです。
実家のマンションではペットを飼うことが許されていないので、犬、猫を始め、小鳥やハムスターなどの小動物でさえ飼うことができませんでした。
それで、一軒家でペットを飼っていた友達のことをとてもうらやましいと思っていました。
しかし、ペットのことをかわいいと思う人間の心理は変わりません。
それで、マンションでも極秘にペットを飼っている家庭が多くなってきています。
見つかったところで、マンションの管理組合側もどう仕様もありません。
動物を捨ててきてください。
ともいうことができず、結局のところ、見て見ぬふりをして、ペットを飼ってはいけないマンションでも容認されているという問題があります。
もちろん、集合住宅ですので、それなりに問題は生じます。
例えば、ペットが騒いだ時に、壁を一つ隔ててとなりの家には筒抜けです。
また下の階の家の人にも騒音の迷惑をかけます。
本人たちにとってはかわいい家族でも他の人にとってはただの騒音の原因としかならないかもしれません。
中には動物のアレルギーがある人もいます。
それでペットを飼うことができないマンションをわざわざ選ぶ人もいます。
それで、ペットを飼ってはいけないマンションでペットを飼うという行為はとても無責任なことだと言えます。
結局はペット自身にも自由を制限されてしまい、かわいそうなことになりかねません。
そのような問題を回避するためにペットと一緒に住むことを考えて建てられたマンションも存在するようになってきました。
特に新築のマンションに住む場合は初めからの住民なので、ある意味で問題なくペットを飼うことができるマンションでは飼うことができるかもしれません。
しかし、新築のマンションでない場合は、いくらペットを飼うことが可能なマンションでも、そのマンションのルールが出来上がっている場合があります。
例えば、この場所は散歩させてはいけない、リードをちゃんとつけて散歩させる、どれくらいの大きさのペットまでなら許可されるのか、アレルギーのある人のためにエレベーターを使用しないなどです。
それらのルールを守らずに勝手にペットを飼っているなら始めからいるマンションの住民と溝ができてしまいます。
それでよくルールを知るようにすることが大切です。

関連リンク